血圧を下げる

スポンンサードサーチ

血圧を下げる食べ物

高血圧の人が、1番最初に行わなくてはいけない事は、食事のメニューを考える事ですが、高血圧を予防し、尚且つ血圧を下げて、正常な値にする為に最も適している食材は、海藻類と豆類です。

 

海藻は塩分が多少含まれていますし、味噌汁や鍋などに入れる事が多く、サラダにすると味があまり無いので、つい調味料を使いがちになりますが、1番適している調味料は酢です。

 

酢にも高血圧予防になる成分が含まれているので、海藻を食べる時に使う調味料は、酢が適しています。

 

その為、海藻類の酢の物が、海藻料理では最も高血圧の予防や対策に適した料理と言えます。

 

一方豆類にも、高血圧を抑制する効果がありますが、豆類の中でも特に適しているのが納豆です。

 

ですが、納豆を食べる時には醤油を使う事が多いので、できる限り醤油では無く、だし汁やネギ、からしなどを混ぜて食べると良いでしょう。

 

しかも、納豆はネバネバした食材なので、ムチンと呼ばれている成分が含まれており、粘膜を保護する働きや、免疫力を高めてくれる働きもあります。

 

海藻類のメカブにも同じことが言えますが、納豆には納豆菌も含まれているので、整腸効果も期待できます。

 

その他には、大根の葉っぱや、切り干し大根なども、高血圧に効果があると言われており、青汁の材料にも使われているケールも同様の効果があります。

 

しかし、全ての食事を、これらの物だけで補うのは不可能ですし、他の栄養素もしっかりと摂取しなくては意味がありません。

 

海藻類や豆類以外にも、高血圧の時に食べると良い物がたくさんありますが、魚介類ではエビやイワシが高血圧対策に良いと言われていますが、それはカルシウムやDHAを豊富に含んでいる食材なので、血圧の値を安定させるには適した料理です。

 

特にイワシは、泳ぐカルシウムとまで言われているほど、カルシウムが豊富に含まれている上に、上質な出汁が取れるので、味噌汁の出汁にすると、非常に美味しい味になります。

血圧を下げる食べ物としてチョコレートが注目を集めています。
以前から、チョコレートが血圧を下げるという研究が世界中で進められていました。

 

2005年 イタリアのラクイア大学
2011年 ウォールデン大学の研究チーム
と言ったように、論文でその研究成果が発表されています。
さらに、2011年にハーバード大学のエリック・ディン教授もチョコの調査を行い、血圧を下げる効果に太鼓判をおしたそうです。
しかし、食べ方ひとつで、その効果が逆に作用する場合もあるようなので要注意です。

 

チョコレートの食べ方は、一度に沢山食べるのではなく、ある程度の感覚で少しづつ食べるようにすると良いそうだ。
また医学的に効果があると証明されているのは、ダークチョコレートである。

 

 

またチョコレートに含まれているエピカテキンというポリフェノールは、血液中に存在する活性酵素を分解してくれるだけでなく、硬くなった血管を若々しくしなやかな状態に戻してくれるのである。
エピカテキンの効果で柔軟になった血管は、収縮性や弾力性に優れ血管の若返りをしてくれる。

 

 

ただし、チョコレートは高血圧の薬ではないので、食べ過ぎは厳禁。カロリー過多になるので要注意だ。

血圧を下げるためには食事療法が最も効果的だと言われていますが、これ以外にも運動療法があります。

 

高血圧になってしまう原因の中に運動不足が挙げられているため、適度な運動を行う事によって血液の流れを促進して高血圧の症状を緩和すると言った目的があります。

 

しかし高血圧と言われてしまったからと言って、次の日から極端に運動してしまえば体に大きな負担がかかってしまいますし、体内のバランスが崩れてしまうので様々な不調が出てしまう事になります。

 

もちろん運動療法に関して医師からのアドバイスを受けるので、その通りに行っていけば良いのですが、ある程度体が運動に慣れてきてしまうと、増無理をしてしまう人がいます。

 

高血圧を緩和するための運動療法としては、ウォーキングなどのように体に負担をかけない有酸素運動が最も良いと言われています。

 

たくさん汗をかいてカロリーを消費しようなどと思い、極端な運動を行ってしまうと反対に疲労が蓄積されてしまい、体調を崩してしまいます。

 

ですから運動療法を行う際にはウォーキングの他に自転車を使ったサイクリング、それから水中ウォーキング、短時間の水泳などにとどめておくようにしてください。

 

間違ってもテニスなどを長時間続けてしまうような事は避けるようにしなければいけません。

 

また運動療法を行う際には必ず沢山の水分を摂取して汗が出てしまい血液がドロドロになってしまう事を予防しなくてはなりません。

 

 

上記したような運動の他に毎日眠る前のストレッチなども運動療法としては効果的だと言われているので、極端に運動が苦手な人などの場合はストレッチなどを続けても良いでしょう。

塩分を摂取しすぎてしまうのは高血圧に最も良くないと言われています。

 

特に味が濃いものが好きな人は塩分を摂取し過ぎている可能性があり、高血圧に向かって一直線などと言われる事があります。

 

塩分を摂取し過ぎてしまう事で血液が汚れてしまい、血管の中をさらさらと流れる事が難しくなるために高血圧になります。

 

そのために高血圧と診断されてしまった人や、高血圧の心配がある人は塩分を控えるように医師からアドバイスを受けると言われています。

 

塩分を摂取し過ぎてしまう事によって、どうして高血圧に繋がるのかがわからない人もいるようですが、塩分は体内の電解質を調整しているシステムに支障をきたしてしまいます。

 

本来であれば体内でしっかりと電解質を分解したり、水分とのバランスを取るために正常に働いている機能が塩分の過剰摂取によってバランスを崩してしまうため、水分と塩分のバランスが崩れてしまう可能性もありますし、水分が少なくなってしまい血液が濃くドロドロになってしまう事もあります。

 

そのために高血圧の治療法として塩分を控えるだけでは無く、水分を出来るだけ摂取してくださいと言ったアドバイスを受ける事があります。

 

また塩分を控えると同時にカリウムを沢山摂取すると言うのも高血圧の患者さんには必要だと言われていて、カリウムが体内の必要以上に蓄積されている塩分を体の外に排出してくれると言われています。

 

また高血圧を患っている人は血圧だけでは無く、高コレステロールなどにも悩まされる場合があるので、食生活には十分に気をつけていくようにしましょう。

血圧を下げるためには食事療法が最も効果的だと言われています。

 

高血圧を患ってしまう患者さんの場合には、食生活が乱れていると言う共通点があり、食事療法を行って来たり寄って高血圧の症状を緩和していきます。

 

まず血圧を下げるための食事療法で最も気をつけなければならないのは塩分の摂取になります。

 

これは有名な事ですが、高血圧になってしまった場合には1日の塩分を6グラム以下に抑えるように勧められています。

 

また高血圧の人は腎臓の機能が低下している事もあり、老廃物を排出する機能が健康的な人に比べると低下している可能性があるので、カリウムを含んでいる食品を積極的に摂取すると良いと言われています。

 

カリウムは利尿作用があり、血液の中の老廃物をしっかりと体の外に排出してくれます。

 

またカロリーを制限すると言う食事療法も大切になってきて、体内で糖質に変わってしまう炭水化物を抑えて更に油分を控えていく事により、ドロドロの血液が綺麗になっていくと言われています。

 

高血圧になると極端に運動してしまったりする人がいますが、これは様々な臓器に悪影響を及ぼしますので、まずは食事療法から始めていくようにしてください。

 

食事療法は最も簡単な治療方法であり、継続していく事が可能な方法になるので慣れるまでは面倒に感じるかもしれませんが、一度習慣づけてしまえば自然と高血圧の緩和に繋がってくれます。

 

特に高血圧の人は食事に気をつける凝るを忘れてはいけません。

 

好きなものを我慢する必要はありませんが、塩分とカロリーには気をつけましょう。

一般的に高血圧の症状が診断されると、血圧を下げるための薬が処方されます。

 

血圧を下げるための薬にはどのようなものがあるのかと言いますと、単純に血圧を下げると言っても様々な作用を持っている薬があります。

 

その人の症状に合わせて薬が処方されていますので、同じように高血圧と診断されている人とは薬が違っているような場合があり、不安を感じてしまう人がいるようですが、自分に合っている薬を処方されていると言う事ですから心配する必要はありません。

 

まず最も多く、使われている薬はカルシウム拮抗薬になります。

 

これは、血液の周りの壁の中にカルシウムイオンが入ってしまう事をブロックして血管が収縮しないように抑えてくれる働きを持った薬になります。

 

またこの他に血圧を急速に下げる作用を持っている薬としてDHP と言われる薬があります。
ノルバスクやアテレックなどという名前を耳にする事がありますが、このような薬になります。

 

また上記した薬よりも少し穏やかな作用を持っている薬がbdz 系と言う薬になりますね。

 

一番初めに書いたカルシウム拮抗薬に関しては副作用が出る場合があり、動機やほてり、むくみ便秘などが考えられるので、こうした副作用が出たときには速やかに医師に相談するようにしてください。

 

またこの他カルシウム拮抗薬の次に処方される確率が高いと言われている薬がARB と言うものになります。

 

この薬は血管の収縮を予防するだけでは無く、体液の貯蓄や交換神経の収縮を抑制するという働きを持っていて、血圧を下げる以外にも心臓の働きを保護してくれたり、腎臓の働きを保護してくれたりと言った働きがあります。

高血圧と診断されてしまった人の場合には血圧を下げるために効果的なサプリメントを摂取していたりします。
実際に血圧を下げるのに効果的なサプリメントは沢山販売されていますし、リーズナブルな金額ですから食生活が乱れてしまっている人などはサプリメントに頼っていたりする事も多いと言えます。

 

しかしここで気をつけなければならない事があり、血圧を下げるためのサプリメントを複数摂取してしまう事によって血圧が異常に下がり過ぎてしまう凝るがあります。
そうなると今までの体の環境から一気に変わってしまうために、体に大きな負担がかかり、特に心臓が大きな負担を感じるようになってしまうのでサプリメントの摂取には気をつけなくてはなりません。

 

血圧を下げるサプリメントはどんどん増えているのですが、全てのサプリメントを摂取すれば良いと言う訳ではありませんし、一度に多くのサプリメントを摂取すれば良いと言う訳でもありません。

 

血圧が高いと言われると、どうしても焦りが生じてしまい複数のサプリメントを摂取してしまおうと考える人がいますが、これは避けるようにしましょう。
本当に健康的な身体を手に入れたいと思っているのであれば、まずはサプリメントでは無く、食生活の改善が最も大切になります。
その中で補いきれない栄養素をサプリメントで補うと言うのは良い事だと言えますが、直接的に血圧を下げる効果が高いと言われているようなサプリメントは避けた方が無難だと言えます。

 

効果の高いサプリメントは信頼性もありますが、その分体内環境を一度に変えてしまう可能性がありますので、このような危険性をしっかりと把握した上でサプリメントを選んで行きましょう。

肺高血圧と言う言葉を初めて目にする人も少なくないと言われていますが、肺高血圧とは肺の中を通っている血管内の血圧が高い状態のことを言います。

 

 

肺高血圧を患ってしまう患者さんはとても少ないと言われているのですが、肺高血圧と言う診断を受けるまでに時間がかかってしまう事があります。
そのために症状がかなり悪化してから診断され、治療が大変だと言う懸念なども広がっています。

 

 

肺高血圧にはいくつかの分類があり、肺動脈性肺高血圧症、左心室疾患に伴う肺高血圧、呼吸器疾患に伴う肺高血圧症、このほか、
慢性血栓による肺高血圧症、そしてこの他にも入っ高血圧症の原因は沢山あると言われています。

 

 

肺高血圧症を患ってしまうと、肺の働きが低下してしまうためにそれだけ心臓が大きく働かなくてはならず、心臓に負担がかかるようになってしまいます。

 

その結果心臓が肥大してしまったりする事がありますし、心臓の柔軟性が無くなり、他の臓器への悪影響も考えられます。

 

 

肺高血圧症になってしまった場合でも、しっかりとした治療を行っていく事で症状の軽減を行う事は可能だと言われているのですが、一般的な高血圧とはまったく違う高血圧になりますので、その分危険性も高く、体にかかる負担も大きいと言えます。

 

 

検査そのものは歩行試験や心電図等を使用しながら行っていきます。

 

 

肺高血圧を患ってしまうと、息切れが頻繁に起こったり疲労が蓄積されてしまい、中々疲れが抜けないと言った症状や突然失神してしまうなどと言う症状があります。

 

 

また、強く胸が痛んだりするような事もあるので、このような症状が出た場合は速やかに受診する事をお勧めします。

続きを読む≫ 2013/06/11 09:34:11

高血圧になる原因は様々で、沢山あると言われているのですが、原因の一つに糖尿病の考えられています。

 

また反対に高血圧を患っている人は糖尿病発症してしまうなどと言うケースもあります。

 

高血圧と糖尿病には非常に似たような症状があると言われていたりするのですが、この2つの症状は同時に発症してしまったりすると治療も大変になります。

 

まず高血圧と糖尿病でどのような部分が重複しているのかと言うと、普段の食生活になります。

 

日頃から脂肪分の多い食事ばかりをしていたり、味が濃くてカロリーの高いものばかりを食べている人は、どうしても体内の血液が汚れた状態になりやすいので高血圧になってしまう事がありますし、当然糖尿病の懸念も出てきます。

 

 

また糖尿病によってインスリンを投与する事で体内の働きが正常になると思われていますが、今まで働いていた分の臓器の働きが低下してしまう事があり、こうした影響を受けて、高血圧になってしまう場合もあります。

 

 

またこの他高血圧と糖尿病で考えられるのは生活習慣の乱れもあります。

 

睡眠時間が短かったり、ストレスを蓄積した状態のままにしてしまうと、体内の働きが低下するために血液の流れが悪くなったり、老廃物が蓄積されて血液の汚れ高血圧に繋がるような場合があります。

 

どちらにしてもしっかりと生活習慣を改善していく事によって上手に付き合っていったり、改善する事が可能な病気ですから高血圧と糖尿病の関係性を知り、自分の日常生活に気をつけていくようにしてください。

続きを読む≫ 2013/06/04 17:48:04

高血圧を患ってしまうと長い間付き合っていかなくてはならないと言うイメージがありますが、高血圧の中でも最も怖いのは高血圧緊張症になります。

 

 

この高血圧緊張症と言うのは高血圧を患ってしまった事によって他に合併症を引き起こしてしまい命に関わるような症状になってしまうケースもあります。

 

 

高血圧緊急症になってしまうと数年後に命に関わる病気を患ってしまう可能性が非常に高いと言われていて、腎不全や心不全、この他眼底出血や昏睡症状に陥ってしまうと言われています。

 

 

高血圧緊張症は、どちらかと言うと比較的年齢の若い人に見られると言われていて、高血圧の患者さんの全体の1%未満と言う事で発症してしまう可能性そのものは非常に低いのですが、万が一高血圧緊張症を患ってしまった場合には、本当に大変な事になりますから、高血圧と上手につき合いながらもしっかりと高血圧の症状を改善していかなくてはなりません。

 

 

高血圧の治療を行っていく中で、近年ではインターネットを通じて様々な情報を得る事が可能になっていますが、安易に素人判断で使用してはならないものなどがあります。

 

 

特に血圧を下げるために食生活に気をつけていく事が大切だと言われているのですが、極端に食生活を変えてしまったりする事によって体は大きな負担を感じてしまいます。

 

 

このような負担が高血圧緊張症を招いてしまう恐れがありますから、正しい治療方法と規則正しい生活習慣を手に入れながら、高血圧の治療を行っていくようにしてください。
焦ってしまい、体に負担を与えるような事は避けましょう。

続きを読む≫ 2013/05/30 21:24:30

高血圧の中には二次性高血圧と呼ばれているものがあります。

 

 

続発生高血圧とも呼ばれているのですが、おもに20代から30代で症状が出てくると言われていて、二次性高血圧の症状は次第に酷くなると言われています。

 

 

二次性高血圧の原因として考えられているのは、ホルモンバランスをコントロールするための薬を服用していたり、腎臓の病気を治療するための薬を服用している事によって引き起こされると言われています。

 

 

一般的な高血圧であれば血圧を下げる事に集中していきますが、二次性高血圧の場合には高血圧が起きている原因となる病気、そのものを治療しなければ治らないと言われています。

 

 

現在日本では二次性高血圧を患ってしまっている人は非常に少ないと言われているのですが、ホルモンバランスに異常があったり、腎臓の機能に異常があったりする人が増えている状態なので、このような病気の治療にあたっていく中で二次性高血圧を発症してしまう人が今後増えるのではないかと言う懸念があります。

 

 

また上記した病気の他にも二次性高血圧の原因となっている病気としては、大動脈狭窄症や原発性アルドステロン症、クッシング症候群、大動脈炎症行群、甲状腺機能の異常等が挙げられています。

 

 

特に甲状腺の異常に関しては、年齢を問わずに患者が増えていますので、甲状腺機能の低下を防ぎ、治療を行っていく中で二次性高血圧を患ってしまう可能性があります。

 

 

出来るだけ二次性高血圧を予防するためにもしっかりと治療を行い、日頃の生活習慣に気をつける必要があるでしょう。

続きを読む≫ 2013/05/27 15:56:27

スポンサードサーチ